第2回ティー・エレメント公募展 審査員特賞受賞

2021.04.07

info

彦十蒔絵の作品が第2回ティー・エレメント公募展で【審査員特賞】をいただきました、ご報告を致します!!

作品名:茶入『一霊皮袋』
素 材:天然木・天然漆・銀・炭粉
作 者:彦十蒔絵
制作に関わったメンバー:
・企画/デザイン/総監督 若宮隆志
・木地    西端良雄
・下地付 生田圭
・上塗  坂下富代夫
・蒔絵  大森修


この作品の意匠は

若宮は自分の仕事は親方や先輩から受け継いだ精神性と技術をさらに未来へ繋ぐ事が使命と考えています。

そのため「一霊皮袋 皮袋一霊 古人之語 八十六翁 高遊外 印」

この言葉を作品に描くことで、皮袋を茶入に見立て茶入に我々が先人から受け継いできた魂が宿ることを知っていただき、さらにこの茶入を使う度にその魂が成長し永遠に生き続けることができると考えました。

ティー・エレメント(Tea element)公募展

連綿と続く喫茶の文化に、新たないのちを

五感を駆使して亭主と客の粋なコミュニケーションを育んだ日本の喫茶文化は、インタラクティブなインスタレーションともいえます。

日本の文化をリードしてきた京都で「喫茶の道具を見直すきっかけにしたい」と、かつて煎茶の普及に努めた南画家の田能村直入の寓居跡にあるギャラリー左右では、喫茶の場で使う器物のコンテストを毎年開催しています。

本受賞作品の審査員講評ページもありますので、作品に込めた気持ちは三人の審査員の講評より細かく伺えます。どうぞリンクをアクセスして読んでみてください。

本公募展審査員のご紹介
前﨑 信也氏 <美術工芸研究家・京都女子大学准教授>
中山福太朗氏 <茶人・会社員>
佃 梓央氏 <煎茶家・一茶庵宗家嫡承>